『こころ絵』は単なる絵画ではありません。上手に描くことが目的ではなく、上手に描くことが目的ではなく自分を素直に見直し、幸せを手にすることが目的です。

形などには囚われない、自由で開放感に満ちた”こころの色彩世界”です。

絵の技術は一切不要。ただ心のままに””心地よさ”という基準に心を任せ画用紙の上に”色遊び”をします。

『自然に、無理せず、素直に、自由に…』という”優しさ”が『こころ絵』の流儀です。


こころ絵アートセラピー絵画教室

皆さんの人生の気づきを高め、よりよく生きる知恵を手に入れられます。

セラピストとして独自に開発してきたユニークで素敵な癒しの絵画アートセラピープログラムです。

このプログラムの特徴は、「こころ絵」を通して自分のなかにある 不自由な執われから自分自身を解き放し、本当の自分、新しい自分を発見します。

生き生きとした人生をおくるためのプロセスを楽しむことの出来る「ヒント」に溢れたプログラムです。

「こころ絵アートセラピー絵画教室」の10大作用・効果

  • 1. 「自信力」 … 自分を信じる力が生まれる
  • 2. 「自愛力」 … 自分を愛する力が生まれる
  • 3. 「他愛力」 … 他人や他物を愛する力が生まれる
  • 4. 「感覚力」 … 本当の感じる力が生まれる
  • 5. 「気付力」 … 素晴らしい事を一杯発見する力が生まれる
  • 6. 「創造力」 … 本当の創造する力が生まれる
  • 7. 「想像力」 … 本当にイメージする力が生まれる
  • 8. 「洞察力」 … 自然に素直にものを見る力が生まれる
  • 9. 「生命力」 … 生きるエネルギーが生まれる
  • 10.「幸福力」 … 幸せになる力が生まれる

こころ絵アートセラピー絵画作品


こころ絵アートセラピー絵画教室の世界

☆お金・学歴・地位・物欲などの目に見える価値観より、心、感動、喜び、優しさなど、目に見えない世界を大切にする

☆人の心に語りかけるメッセージは、知識を武器にしたら、否定的表現となる「おどし」ではなく、 その人を受け入れ尊敬した肯定的表現で生きることを願い、「ほめる」ことの中にある心の本質を知り、その芸術性を深める。

☆全てを、自分の中に存在する自分の感覚でとらえる世界。他人の評価は、その人の心の表現であり、 どんな悪口も結局は、その人の感覚の中にあるものであり、その悪口は、自身のことを言ってることが多い。自分が、こころ絵をどう思うか、自分をどう思うかという能力を磨いていく。

☆知識は、増やして大きくするのが良いが、こころ絵の感性は、磨いて小さくするのが良い。知識は、目立つが光らない。感性は、目立たないがキラキラと光る。  …etc